2012年03月11日

3/11に想っていたこと

別記事でも書きましたが、南大沢アウトレットで大道芸をしてきました。

正直、東日本大震災の今日という日のパフォーマンスをどうしようかずっと考えていました。



依頼でのパフォーマンス仕事ではないですから
自分の意思でやらないこともできます。
時間も自由に変えられます。



この日の雰囲気はどうか・・・



何よりも自分自身の気持ちは楽しくパフォーマンスできるのか・・・。

震災復興支援関連にも関わってきた自分ですから、気持ちをいつもどおりにショーできるのか不安がありました。


14:46というその時間をさけてショーをするべきか、

ショーではなくバルーン屋さんをやるか・・・

もう行くのやめるか・・・。

悩んでいました。


そんなとき
3/6の朝日新聞の朝刊である記事を目にしました。
ワンピース作者の尾田栄一郎さんの言葉です。


「エンターテイメントに関わる人は、みんなあの(震災の)時『自分は何の役に立つんだろう?』と立ち止まったと思う。でもエンターテイメントは、マンガは、日常に帰ろうとするきっかけになると分かった。じゃあ僕たちは日常をしっかり整えておかなきゃ、と責任感が出てきました」


これを読んだとき、思いました。

あ、普段通りをやることが自分のやることなのだ、と。

勇気をもらいました。



3/11の過ごし方は人それぞれです。
家にいて祈る人もいれば外に出て日常を過ごす人もいます。

でもどんな形であれ今日という日を意識してない人はいません。(子供はともかくとして)

そのうえで、アウトレットモールに足を運ぶ人は「ショッピング」「家族サービス」などの日常を求めてきている・・・
のであれば、そこでショーをしている大道芸人もまた日常です。

その日常を作り出す位置にいる人間として、一切の揺らぎ無くショーをやろうと思いました。

一人でも立ち止まれば、それはその人が僕に求める日常であるのだろう・・・と。


それでも14:46の時間は避けて黙とうしようと思っていましたが、
14:30前に、通りすがりの親子から「次はいつはじめるの?」と聞かれたのをきっかけに

自分の意思が固まりました。

201203111500001.jpg
14:50くらい。

もちろん集まった方からも勇気というエネルギーをもらえたからやれたパフォーマンスです。


ちゃんといつもどおり投げ銭ももらいました。

さすがに14:46にサイレンが一帯に鳴り響いたときは 胸に去来するものがあり
一瞬息が詰まりそうになりましたが、
目の前の観客は僕が作りだした空間にいる状況で、それを表に出すことは責任を果たすことになりません。

震災のことには一切触れず、いつもの大道芸を徹底しました。



何かを求めて僕の前に集まった方々が
満足できる時間を作り出せたかはわかりませんが、
終了後、自分の仕事をやりきった感があったように思います。



その想いとともにトランクの裏で黙とうさせていただきました。





それぞれの今日という日、この時間だったと思います。


こんな日に大道芸・・・・、賛否両論もあるでしょう。

いろんな意見もあると思います。


自分が世間一般的に正しいのか間違っているのかはわかりません。


ただ自分がやるべき仕事をきちんとこなすことが

去年改めて心に強く意識した、

「安心できる空間・時間」

を作ること、と再認識した一日でした。


今日一日、自分の中をかけめぐったさまざまな想いは

エンターテイナーのプロであること

の大事な想いとしてしっかりと整理し、
これからの自分の活動の糧としていきたいと思います。



うん
これでいいのだ、僕は(゜-゜)
きっと。


2011年12月31日

いけ年こい年

今年も終わりですね〜

今年のお仕事現場数は

287現場でしたっ
もうちょっとで300だったです。



ショーとか出番回数に換算したら3倍くらい・・・かな。



今年はみなさんそれぞれもそうでしょうが
震災もあり
自分のいままでの生き方、そしてこれからの生き方に
頭を抱えたり、前向きになったり後ろ向きになったりする一年でした。



「自分の力ってなんだろう」


そんな自問自答をし続けた気がします。


被災地に伺ったときのブログにも書きましたが・・・


私は
いちパフォーマーでしかありません。

医者でも専門家でもありません。

治したり直したりはできません。



ただ、

力の源である

「気力」

を回復させたり、活力を生んだり・・・
ちょっと安らいだり和んだり

つらい毎日の中で一瞬ホッとしたり・・・。


それらの「きっかけ」としてお役に立つ・・・・程度のことはできるかなと。



私は決して強い人間ではありませんし大きなことはできません。
分相応に小さくても・・・

例え
小さくても無力や無意味ではないなら
あとはやり続けるだけかな・・・と。



ライフワークとしての
医療福祉関連へのアプローチも多く行うことができました。


お金をいただくお仕事に関しても激減という厳しい現実がありましたが
なんとか乗り越えることができました。


2012年も自分相応に進んでいきたいと思います。



僕のパフォーマンスを通して笑顔が生まれ
生まれた笑顔が僕のパフォーマンスの力になります。

僕はそのサイクルの中にいられるのがとても幸せなんだな、強く感じた1年でした。


じっきぃを
ありがとうございました!

2012年もよろしくお願いいたします!



2011年 僕が勇気づけられた曲です。
Celtic Womanの「You Raise Me Up」
名曲ですね。

2010年12月31日

101231//いけ年こい年

2010年も終わりです。

本年のお仕事は
約229発でしたっ

ショー回数とかにするともっと多くなるけど。


クライアントさん
お客様
みなさんありがとうございましたっ



この一年・・・

けっこう
途中ストレスで飯が食えなくなったり、神経痛でアバラ折れたくらいの激痛と戦ってたり
心身ともにしんどいこともいっぱいあった一年でした。

うん
10月が一番やばかったね
気力だけで動いてたね。





新しいことにも挑戦できたし

新たなショーも生まれました。


うまくいくいかないはともかく
毎回の現場に徹底してニーズにこたえて丁寧に向かい合う、というテーマは達成することはできたとは思います・・・。


ただ
いろいろやるなかで


パフォーマーとしてやりたいこと、
アーティストとしてやりたいこと、
からふる・ぽけっととしてやりたいこと、
自分が一人間としてやりたいこと、

有象無象に
さまざまな思いがうずまいた一年もありました。


来年はこれらをまとめていきたい。。。です。



正直
「どこまでパフォーマーをやれるか」

どの時点でピリオドを打つことになるのか、が
この業界に身を置くようになって常に心の中にはあったのですが

最近

「どこまでもパフォーマーをやりたい」

と思うようになってる、と気付きました。

もちろん
楽観的にはなれず
つねにシビアに現実は見つめているつもりですが。

まあ
もともとネガティブが半分以上でできていますからねぇ。



2011年も
いろんな顔のじっきぃがあることでしょう。


私自身どんなじっきぃが出てくるのかわかりませんが

いろいろやれるのがじっきぃ

というのを大切に

まだまだ
固定化せず、オールマイティにこなしていきたいと思います。





では、最後に
今年、めげそうなときに
自分を励まし
勇気づけてくれたこの曲をご紹介です。

SEAMO氏の「Continue」




それでは2011年も
明るく楽しく元気よく
たまにまったりしっとり
がんばります!(*^^)v


よろしくお願いします!!(^o^)/




2010年11月10日

パフォーマンス論的なつぶやきA

テーブルグリーティング

テーブルラウンドとかテーブルホッピング、とも言いますが


・たくさんのテーブル数をまわってほしい

・大いに盛り上げてほしい

は一般的にイメージとして同じもののように捉えられますし
このように要求されることが多いです。


通常のバルーングリーティングでいえば

・できるだけバルーンを作って配ってほしい

・いろんな場所で盛り上げてほしい


といったところでしょうかね。


でも
パフォーマーにとっては


実際は矛盾するもので

時間内に場所を多く回ったりバルーンを多く作るためには
相対しているお客さん一人にかける時間を短縮して、


さっさと移動せねばならず

エンターテイメントの割合が減るので 

つまり


パフォーマーとして盛り上げる とは 逆の方向になるわけです。


パフォーマンス性が無くても
とにかくバルーンを作ってほしいということなら、
パフォーマーでなくて、普通の人がバルーンひねって渡せばいい、と感じてしまいます。

自分が呼ばれたからにはエンターテイメントする
というのがパフォーマースピリットです。



このスピリットを失ってしまうとすでにエンターテイナーではないですが


これにこだわり過ぎてもプロフェッショナルではない、と思います。


仕事としてやっているのであれば
クライアントの要望・意向と自分のやりたいパフォーマンスとの違いが発生した場合
どう自分の形を変化させて
双方に満足いく形を作り出せるか・・・・がプロフェッショナルであり

エンターテイメントビジネスたるもの、でしょうね。


その見極めとバランス、これを瞬時に判断して
自然な感じで調整する・・・・

この
自然な感じを出す
というのが
とっても難しいことですが

大事なことですねぇ


2010年07月06日

名言1

とある先生のblogみたいに私も
名言でも書いてみようか語録シリーズ


−−−−−−−−−−

人には二種類ある



できない理由を探す人



できる方法を探す人






By 石田純一


−−−−−−−−−−


すごく素敵な言葉です



さすが私が女性だったら「惚れてまうやろ」上位の
石田純一さんです


少しだけお仕事をご一緒して絡んだことありますが

その瞬間だけでも
すごく気を遣った言葉を私にかけてくれて… 


「ああ、この方は女性に優しいって言われてるけど、人として男女問わず人に優しい人なんだな」
って感じました


惚れてまうやろ?

2010年05月21日

パフォーマンス論的なつぶやき1

つまり

人が集まったからショーをする

ということと

人を集めてからショーをする

ということは

表面的には同じように見えますが

我々パフォーマーにとっては全然違う作業なのです。
spacer.gif
spacer.gif