2012年01月08日

120108//(6発目)さいたま新都心大道芸フェスティバル

二日目


昨日は爆風でトランクが倒れたりしたので用心してました。
無事に終えて良かったです〜

寒かったけど。

でも
今回のショー構成REMIX1.5(?)バージョンは”自分が楽しくコミュニケーション”をテーマとしたので
寒くはあったけどあったかい雰囲気を作れたのはないかなぁと思います。

REMIX2は ”自分の世界観にお客さんがついてきてもらう”感じですからね。
それはそれでアーティスティックでいいのですが
何よりも自分がその世界観に閉じ込められてしまう意識すらもってしまったので
「ああ、この気持ちではいいものはできない」と感じたため

原点に戻る意味でも今回の アート要素とコメディ要素と遊び要素を多くいれたいろんな味を味わえるショー構成を行ったわけで。。。

うん
楽しかった!
寒かった!
寒い中ありがとうございました!!!






120107_1450~01.jpg
コジコジさんめちゃいい人ですねん。
とはお互いに選曲のセンスが似ていて、ニヤニヤしました。
heviaはいいぞ!おススメだ!!!


2012年01月07日

120107//(5発目)さいたま新都心大道芸フェスティバル

新春恒例のさいたま新都心大道芸フェスティバルです。

やはり例によって寒かったですね・・・

日なたと日陰の温度差は激しすぎ・・・


さて今回はコメディ要素多めの構成(REMIXTバージョンに近い)でショーをしました。

当初は昨年作ったアート要素の多いREMIXUで出演するつもりでしたが
思うところがあり、変更しました。


人形リング
201201071108000.jpg


NSボックス
201201071113000.jpg



ジャグピングロープ
201201071119002.jpg




会いたかった河童のOkkさんと巡り合えました。
かっぱリアル〜
120107_1141~01.jpg

かっぱのあとに みたまさん、その向こうからダークラクーが来ると
もうそこは妖怪大行進みたいな感じになってた(笑)

2011年10月23日

111023//(228発目)ヘブンアーティスト東京


ヘブンアーティスト東京フェスティバル

リミックス2で挑みましたが…

なんか燃焼仕切れない何かが心に残る…

いや、作品としては仕上がったと思うんだけど…

この感覚は

自分は違うものを求めてるのかなぁ…

って思ってしまう。


しばらくフェスティバル出演もないし

パントマイムリミックスシリーズを続けるか…はまた考えてみます



111023_1556~01.jpg

111023_1602~01.jpg


私のパントマイムの先生の一人である
尊敬するパントマイミスト山本光洋さん

さすがでした

あの余裕感、そして身体だけでなく場の空気全体に作り出すことができる緊張と弛緩のバランス…

久しぶりに拝見しましたが

すばらしい…

勉強になりました




111023_1518~010001.jpg

北海道のリスペクトアーティスト

トイシアターさんたちも
北海道招待枠で出演してました

その作り出す空気と
安心感が世界に引き込むんです

パントマイムをベースにしてバルーンやジャグリング的要素を加えているのは私のパントマイムリミックスシリーズにも近い何か同じような匂いを感じています

勉強になりました〜o(^-^)o



パフォーマンス内容

2011年10月09日

111009//(214発目)原町田四丁目大道芸

111009_1137~01.jpg



原町田四丁目大道芸
二日目

今日はショー一回と
バルーン屋さんを二回でした


試行錯誤して考えた
スティッチ大人気
うれしいね(≧∇≦)


パフォーマンス内容

2011年10月08日

111008//(213発目)原町田四丁目大道芸

111008_1635~01.jpg


後ろで小顔ショットを狙うブッチィーさん(笑)


原町田四丁目大道芸

同時に別商店街がやってる「町田大道芸」のサテライト会場的な感じです


学生プロレス沸いてたなぁ



ジャグラーラビーくんとゆっくり話をしたのは初めてでした


知る人ぞ知るで彼は大ケガという苦難な出来事が最近あったわけだけど
それを乗り越えてのパフォーマンスもそうだし
人間としての強さに
感動しました

僕だったら腐っちゃうかもしれない…

礼儀礼節も丁寧だし
その人間味もショーに現れてる感じでしたっ

なんていうか、大道芸でのテクニカル系のジャグラーさんはいわゆる「ドヤ顔」をしつこく繰り返す方が多いわけですが
(観客に対して上から目線というか)


ラビーくんは確かに
すごいテクニカルがあるものの
観客に対する姿勢や目線にいやらしさもないし、くどくもない、

観てて気持ちいいパフォーマンスでした

大道芸というよりも
エンターテイナーという感じですね。


評価が高いのも納得です


最近の若手パフォーマーでは
実力うんぬん以前に社会人として人間として人と接する態度としていかがなものか…
とか
極端にいえば自意識が前面で自己中心的にショーを展開する人が多いなぁって感じてたし

あと皆同じようなセリフ回しや構成をする人が多いなかで


ラビーくんは
自分なりの見せ方を工夫しているし
人間的にもすごく信頼できそうな青年だなーって思いました

きっと彼は第一線に居続けると思う



うん


エンターテイメントって
おもてなしの心
です

ブッチィーさんもラビーくんもそれがある
だから素敵なパフォーマーに感じる

僕も改めて大切にしないとなん(‘o‘)ノ
パフォーマンス内容

2011年10月02日

111002//(208発目)野毛大道芸

秋の野毛大道芸二日目です

体調絶不調ながらも昨日の
反省を踏まえて
多少変化させました


一応
このパントマイムリミックス2.5も完成ですかね

3を新たに作るか
2シリーズを伸ばすか
あるいは
1シリーズを立て直すか


しばし考えましょ


とりあえず
2.5を
10/23ヘブントーキョーフェスティバル上野公園
でも

やります

2011年10月01日

111001//(207発目)野毛大道芸




秋の野毛大道芸です

パントマイムリミックスUバージョンを
ブラッシュアップして臨みました

世界観をきちんと統一したかったので…。

POPな感じから
メルヘンな感じに仕上がりました


毒っ気はゼロです(^_^;)


まあ
こういうまっすぐに純粋なメルヘン作品かつ
ビジュアルを前面に雰囲気を作るやり方は

おそらくはもう年齢的に限界の時期。
だからこそ今、やっておきたかったのです

好みは別れるだろうし
嫌いな人も多いかもね
甘っちょろくてぬるいし。

それでも
こういうのもありってことで!!(b^ー°)



111001_1536~010001.jpg


プレミックスさんたちは諸事情あって今回急遽二人での出演になってしまったわけだけど

さすが地力のあるお二人ですね


しっかり形にしてたことに感動しました

とくに楽屋で二人、悩んで試行錯誤を話しあってるのを目にしてたので…。

でも
ほんとさすがのクオリティー。

とにかく


楽しい

空気(本人も観客も)を作ることの信念というか大前提は
見習うとこですよねー

肝に銘じました


自然にワクワクのリズムに観客を乗せる、そこにはいやらしさのかけらもない

エンターテイメントとは

娯楽であり
おもてなし

です

プレミックスみたことない方は
絶対観るべきですよー(o^∀^o)

2011年01月09日

110109//(5発目)さいたま新都心大道芸フェスティバル

rsaitama20110109-2 (23)shukusensmall.jpg
Tさん撮影)

二日目。

昨日よりはだいぶこなせてきたかな。

しかし・・・左肩が重い((+_+))

フェスティバルのプロデューサーからもお褒めの言葉をいただきました。
ただ、今のショーがいいっていわけじゃなくて
その方向性がいい、っていうニュアンス。

でも
自分が出してみたい世界観がヘブンアーティスト系のフェスティバルの中でも認めていただいたみたいで
うれしいです(^^♪

さらにブラッシュアップしなくては。。。

でもなかなか
このバージョンはやる機会はないだろうなぁ

それこそフェスティバルでないと。。。


ところで誰か動画撮ってないですか?

自分がどう動いているのか知りたいのです。。。

rsaitama20110109-2 (31)shukusensmall.jpg

rsaitama20110109-2 (36)shukusensmall.jpg
Tさん撮影)







紙麻呂さんとご挨拶することができました。
世界観に時を忘れましたね。

鳥肌ー

こういったのを作っていきたいなぁ。。。

リングのアドバイスもいただきました。
踏まえて練習がんばりまっす!

110109_1317~010001.jpg







続きを読む

2011年01月08日

110108//(4発目)さいたま新都心大道芸フェスティバル

さいたま新都心大道芸フェスティバルです。

やっぱ埼玉県民だし
ずっと出たかったフェスティバルに出れてテンションもあがる。


今回は新作で臨みました。

人形をテーマにした構成。

P1010444-s.jpg
(Yさん撮影)


作品を数珠つなぎにするんじゃなくて

ショー時間20分を一つの作品として。


とくに何かすごいことするわけではなく

あくまで雰囲気を大事に。


そして


人形振りとは何か


を大事に。



・・・という考えだったんだけど

年末年始が激務すぎていろいろ追い込まれて
妥協してしまった部分もあり

まだ未完成なところが多い。。。


リンキングリングは普通になっちゃってるしなぁ

変えていきたいなぁ

P1010451-s.jpg
(Yさん撮影)





他の人も少しみれました

110108_1225~010001.jpg

TOMIさんの芸は
ゆるいキャラクターとアグレッシブなテンポが彼独特の面白さを出しているんだと思う。
そしてそれを生かす演出力がある人。


110108_1448~010001.jpg


人形をテーマにした私のショーのすぐあとに
人形振りのカリスマ「Parts」さん・・・((+_+))

勉強になりました。
私は身体のことをもっとしらなくちゃいけませんね。

次の段階にあがるにはそれが課題だ。


「Parts」さんと組んで出演したのは
私が在学中に創った立教のパフォーマンスサークル「どりぃむ・ぼっくす」の後輩リオ。

感慨深いものが・・・あるよね。


うん

うれしかった(*^_^*)



パフォーマンス内容

2010年11月27日

101127//(196発目)インターパークビレッジ大道芸コンテスト

急きょ出演することになった
大道芸コンテスト。

いやー
一番手厳しいですね((+_+))
人がいないところからのスタート。。。

しんどかったです。。。

さて
結果ですが
入賞ならずでした。

まあ
悔しいっちゃ悔しいですけど。



得るものはありました。

今回クラウンじっきぃのオーソドックスなキャラクターと内容で出たわけですが、

やっぱこのスタイルのほうが無理が無いな。。。と。


素顔(ナチュラルメイク)のバージョン、盛り上げ系大道芸やパントマイムREMIXは
妙にかっこつけようとしてしまって、自分的には作ってる感じなんですよね。
まぁ、それはそれで、作品としてありなわけで
その自分を否定はしませんが。

でもやはり根本的にはクラウンを長年やってきた自分であるわけで
クラウン的にキャラクターを乗せてパフォするほうが
心にゆとりもあるし、素直にやれる・・・ような気もするわけです。

とはいえ、
オーソドックスなクラウンスタイルでは
営業イベントでは好評価でも
フェスティバルでは存在感は出ないでしょう。

つまり、その中間のいいところを狙っていかなければ・・・・と再確認できたコンテストでした。


あとねぇ

クラウンスタイルだとさ

緊張しないんだよ、あんまり

あがり症


ひょっとしたらメイクの厚塗り具合で緊張度が違うのか?とか思ってみたり(゜-゜)







101127_1240~010001.jpg



スペードのエース 氏
直後だったのでじっくり見れてはいませんが
サイバーな感じでした。
コンタクトジャグリングはやはりこういう雰囲気の方がやるとイメージに合いますね






101127_1324~01.jpg
CONORO氏
準優勝!
さすがじっきぃ的(からぽけ的)2010年一押しパフォーマー。
テクニックは世界チャンピオンとしてさすがの一言ですが
何よりも人柄が好きだわ〜

101127_1411~01.jpg
デュオ アビマノーラ
真志氏
事情あってソロで出演。
筋肉きれい。
いろんな人の倒立見たけど、今まで見た倒立の中でかなり上位に入るきれいさでした。
安定感といい。。。
あとイケメンだねぇ。
人柄もいい人でした〜(゜-゜)




101127_1424~01.jpg

風船盗賊クリオーネ氏
優勝!
童話のような世界観が半端なかったです。
そして、時折入るのスパイスのきいたトークが絶妙にアクセントになってて。
審査員さんは、風船作りながら話をしたほうがいい、って言ってたけど
私的には
ストーリー語りとその間に風船をひねるという2段構えで飽きさせない構成かと思いました。
ちょうど紙芝居のページをめくるような感じで風船をひねって次の情景をつくる、そんなようにすら見えるから。


101127_1445~01.jpg


たっきん氏
キャラがたってるなぁと。
作らずに存在感のあるキャラクターって、無理が無くていいね。
けーぼーさん(ファニーボーンズ)みたいなそんな匂いっていうか。。。
技もさることながら、それだけじゃない空気を作ってる、、、そんな感じです。





基本的には上質なベタが求められる営業イベント三昧だし
ほんとうに私がパフォーマンスを通してやりたいことは
フェスやコンテストではないですが


それでも
自分を律するよい経験なのだ。

2010年はそこんとこが挑戦できてよかったなー



ショー内容

2010年10月23日

101023//(171発目)ヘブンアーティスト in 東京 上野公園

めっさ久しぶりの上野公園



フェスティバル。


101023_1513~010001.jpg

うほっ
くす田さーん。

初めてみたときおもしろくて失禁しそうになったよ私。



101023_1341~010001.jpg


こうじとちからさん

シュールクラウンニングとでもいうべきか・・・。



っていうか
枠にとらわれすぎないこの先輩方は改めてサイコーだと思いました(゜-゜)



夜会はあれだね
初めて出たけど。


光ってるべきだね。

乗り遅れたらダメだね。


堂々と何もしないでいる
こうじとちから
が輝いて見えました。

あの域に達してみたい。



おろおろしてましたか?

ええ

おろおろしましたとも(-_-)/





パフォーマンス内容

2010年10月10日

101010//(163発目)町田大道芸

町田大道芸2日目

今日は天候も良く
広場でパフォできました。


101010_1540~010001.jpg

ブッチーさんのソロショーは初めて拝見しました。

思うに

「お客さんが引き寄せられてしまう」ショー

空間を包みこんでしまう
ブッチーさんのオーラが
それこそ非日常的な
それでいて安心できる日常的な
そんな世界を作り出していました。


私は
マイムREMIXバージョンは
集客大道芸みたいにガツガツしない・・・と公言しておいて
まだまだ
「お客さんを引き寄せようとしている」ショーだなぁ
って思いました。

ブッチーさんの域まで達したいなぁ(゜-゜)




101010_1746~010001.jpg



うお

学生プロレス
集客すげぇ


ショー内容

2010年10月09日

101009//(162発目)町田大道芸

101010_1429~01.jpg

じっきぃのリスペクトクラウン「ブッチー」さんと!



町田大道芸
あいにくの雨

だから軒下。



いや

でも

みんな気付いた?

おれ

リングを背に

リングしたんだぜ?



ショー内容

2010年10月03日

101003//(158発目)野毛大道芸

101003_1509~01.jpg
Mir Chiko!さんたちと。


101002_1549~01.jpg
ガンジスインダスドーダスさん発見!



101003_1858~01.jpg
打ち上げでのぞみくんとかなちゃんと。

なんかテーマを「タッチ」で撮らされた。
(のぞみくんと私はなんか似てるらしい)

今思えば
達也も和也もピッチャーじゃんね_(_^_)_


えらい緊張した
野毛大道芸でした〜〜


かなりお客様の暖かさに救われた部分あり。。。


反省も多いです。


良い経験でした・・・

精進しまっす!



打ち上げ会場のトイレ↓

101003-02.JPG



うん

あたりまえだね!(*^^)v



パフォーマンス内容

2010年10月02日

101002//(157発目)野毛大道芸

久しぶりの野毛大道芸です。



先日の芸王をさらに踏まえて

人形リングの構成を一新しました。


慣れてない不安感と
自信を持てない緊張感で

口内炎が(/_;)


案の定初回は微妙な出来に・・・(すいません)

2回目3回目は少しずつよくなったきましたかね?


101003_1514~01.jpg
ふるぷちさんと♪

101003-09.JPG
ハッピィさんたちと♪

101003-10.JPG
たけちゃんさんと♪








パフォーマンス内容

2010年09月24日

芸王グランプリ東海大会のお話

今回のコンテストは
サテライト会場が無く
審査ステージ1回のみだったので
しっかりとでなくても全員観ることができました(*^_^*)

まあ
いろいろ書くと
いろいろあるので
簡単感想で!


100920-11.JPG
マジシャンジュンペイさん
大人の男の色気全開。握手したら妊娠しちゃう的な?
バレエダンサーでもあるので立ち振る舞いが鳥肌立つくらいきれいでセクシー。
声もいいのよね〜
ボトル出現マジックはコックさんバージョンで検討していたネタだからすごい参考になった〜。
何気に私が大学生んとき以来の再会うれし(^o^)/




100920-10.JPG
くす田くす博さん。
序盤、ダメっぽいサラリーマンがいきなりバク転かますくだりにしびれて失禁しそうになった。
あのシーン繰り返しみてみたい(^v^)
クラウンの可能性、汎用性、ってのを見せてもらいました。
クスクスさんにもお会いしてみたーい(^o^)/


100920-09.JPG
バルーンパフォーマーともちゃんさん
急きょ開会直前にバルーンプレゼントがNGになったこの大会。
作品作り形のショーから、体験系のショーへ冷静にシフトさせたともちゃんさんのプロフェッショナルさを楽屋で一番近いところで見ていた。なんかもうそれだけで感動。
バルーンの色や伸び縮みを使った健康ネタ、そしてどこまでが用意されたセリフだかわからないアドリブ、ただひねって作るだけではないバルーン芸の多様性を感じました(^o^)/
(もちろん作品もすご)


100920-08.JPG
健山さん
このスペースであれをするっていうのは
それだけの練習を積んでいるから、力をコントロールできるし
自信が生まれるんだろうなぁと。
さらに会場からのエネルギーでその可能性はさらに広がる的な。。。
つまり、
この人は元気玉を打てるし、跳ね返すこともできる、そう思った(^o^)/



100920-07.JPG
哲くん
彼のバルーン作りには熱が感じられる。
簡単なようにサクサクバルーンをひねって作品をつくりあげるタイプのバルーンパフォーマーは多いけど
哲君の場合は
観客「できあがるまで俺たちはお前を見届けるぜ!」
哲君「おっけい!みんなの熱い視線のおかげでできあがったぜ!」
みたいな感じ。
その一連が熱くていい!(^o^)/



100920-06.JPG
ジョウさん
私の直後だったのでほとんどみれていないけど
バルーンを作るその手さばきさの早さと正確さにとにかく
目が離せない。
ってか離したらもうできてる。
バルーンをひねってるというかバルーンが自らひねられていってるかのように錯覚しちゃいそう(^o^)/




100920-05.JPG
謳歌さん
静と動をうまく使う方だな、と。
テクニカルを見せる際、流れと観客の意識をうまくいじっておかないと
ただ「すごい」だけで終わってしまったするけど
技術のだしどころの構成がうまくて、お客さんを置いていかないでコミュニケーションを入れるショーバランスが素敵でした(^o^)/


100920-04.JPG
PLE-MIXさん
おそらくはほとんどが音合わせの振付ネタのはずなのに
そう感じさせない個々のスキルと観客の乗せ方にただただ感心感動。
サイコーに「満足」なんだけど「もっと観ていたい」「また観たい」って観客に感じさせる、おかわりしたい感じ。
それってワクワクのスパイスが効いてるからだと思う。
「心が躍る」ショーでした(^o^)/
うん!おもしろかった!!























2010年09月20日

100920//(152発目)芸王グランプリ東海大会

名古屋エアポートウォークで行われた大道芸コンテストです。

同じコンテストの
信越大会に6月出場してますが・・・。

3位をいただいたのはもちろん恐縮なくらいうれしかったのですが

会場状況や土砂降りの中で
やむなくカットした演技もあったため

スッキリしなかったので

日程空いていたし

申し込みました。


人形リングは
導入に、人形との絡み(動き始めやリングの取り合い)などを足してみました。


NSも悪くなかったし

仮面マイムはたぶん今年のベスト3本指に入るくらいいい雰囲気だったと思います。


んでも

結果は
入賞ならずでした。。。

応援してくださった方ありがとうございます!




パントマイムREMIXバージョンは
コメディの要素も少なく、それでいてお客さんを引きつけていく、
自分の中でも挑戦であり
まだまだ試したいショーです。

なので
よい経験になりました。






自分的には現時点で一番のショーができて
その結果なので
悔いはありません(^^♪






・・・なーんていうほど
私はキラキラしてないらしいよ_(_^_)_



悔しいっちゃ
悔しいよ。


勝ち負けにこだわらないって思ってたのに


なんだろうね

この悔しさ。

自分でもびっくり。



100920-02.JPG
優勝のPLE−MIXさんたちと!


100920-01.JPG
準優勝の謳歌さんと!


100920-03.JPG
衣装的にコンビっぽくない?
バルーンパフォーマーのともちゃんさんと!







ショー内容など

2010年06月19日

100619特別賞3位//(93発目)第7回芸王グランプリ大道芸コンテスト信越地区大会

いってきました
新潟

100619-07.JPG

コンテストに出るのはえらい久しぶりです。

自分でもびっくりするくらいの緊張でした〜
終わったあと、膝ががくがく過呼吸気味に・・・。

全身全霊でその状況のベストを出せたのかな・・・と。

結果は3位入賞。

複雑にうれしいです(^_^;)


盛り上げる系のショー構成ではないバージョン「パントマイムREMIX」で
そういうのが審査点となっているコンテストでどういう評価が得られるか・・・

それをなんとなく感じられた気もします。。。

いやー
想うところいろいろでした。。。

勉強になりましたっ


仮面マイム・・・まだまだしばらくお付き合いしそうです(^^ゞ






100619-03.JPG
100619-06.JPG
タイムテーブルが隣接していた「スマイルパフォーマーQちゃん」さん
携帯写メのスマイル認証が僕より早い!さすがっす!!
いろいろ運命共同体なことがありました〜(お互い審査時に土砂降りだったし)
彼の芸、あったかいパフォーマンスです。好き〜



100619-02.JPG
私が大学1,2年のときに通っていた都内のパントマイムスクールの先輩「えんじぇる」さん。
いまや日本を代表するバルーニストです。
ショーを見れず、残念!
地元新潟芸人として、地元ネタ満載での構成だったそうです〜


100619-05.JPG
優勝はアパッチさん
さすがの一言です。


100619-04.JPG
準優勝はセクシーダヴィンチさん
新潟のセクシー不足を救っていました!










ショー内容など
spacer.gif
spacer.gif